プラセンタの美容効果

プラセンタは美容の面でも高い効果がある事で知られていますが、
由来や濃度などによって効果が違うのはご存知でしたか?

プラセンタは動物由来や植物由来、魚由来など、様々なものから抽出されています。

動物由来で代表的なのは豚や馬ですが、
その胎盤から抽出されたものは基本的に成長因子が含まれています。

成長因子は細胞を活性化させる働きがあるため、
老化の予防や肌を活性化させるといった効果があるようです。

植物由来で挙げられるものはライ麦や大豆などですが、
動物のように胎盤を持たないため、動物由来とは異なった原料を抽出しています。

成長因子は持たないので、
肌の活性化という面では効果は見られないかもしれません。

でも、ビタミンやミネラル、アミノ酸などは豊富に含まれているため、
保湿や美白という面では効果が期待できます。

魚由来で代表的なのが鮭ですが、
こちらも植物由来のものと同様に、成長因子は持っていません。

その代わりに皮膚組織を支えるエラスチンや核酸などが含まれているので、
美肌効果は期待できるでしょう。

また、原産地や育った環境によっても効果が異なると言えます。

デンマークやスイスなどで育ったものは安全基準がしっかりしているようです。

最も信頼できるのは国内産だそうですので、
きちんとした管理の下で育ったものなのかを確認するようにしてください。

それに、プラセンタは全てが同じ濃度とは限りません。

商品によって、また、販売している会社によって濃度も異なっています。

当然、不純物などの不要なものが少なければ濃度が高くなるので効果も出やすいでしょう。

しかし、デキストリンやグリシンといったものでプラセンタを薄めている商品が出回っているのも事実です。

さらに、市場に出ている商品の中で成分分析値を公表している商品はごくわずかだそうです。

プラセンタと表示はしているものの、
濃度の薄いものやどのくらいの濃度なのかすらわからないものを摂取しても、
効果が出るまで相当な摂取量と時間が掛かります。

配合量の数値が大きい=濃度が高いという訳ではありません。

そういった事をふまえた上で、しっかりと確認して摂取するべきではないでしょうか。
サラスベ(SARASUBE)で背中のブツブツもつるんつるん!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です