外耳炎って?

外耳炎と中耳炎とは症状がとてもよく似ているため、
一般の人では判別が難しく、病院へ行くまでは間違えて認識している人も多いでしょう。

外耳炎は耳掻きのし過ぎや免疫力が落ちている時に細菌やウイルスが侵入すると感染し、
発症してしまう病気です。

症状としては、耳に激しい痛みやかゆみがあり、
進行してしまうと黄色や白色の耳垂れが出てきて、
これが悪臭といえるほどの強い臭いを放ちます。

また、限局性外耳炎は耳におできができ、
それが破れてしまうと膿や血が出ることもあるでしょう。

それに、外耳炎の場合には、中耳炎とは違って耳たぶをつまむと痛みがあります。

これが唯一、誰にでも判別できる方法かもしれません。

外耳炎は中耳炎と違い、真菌や染色剤によるアレルギーが原因となることもあります。

耳栓や補聴器を使用している人は、
器具を清潔にするようにしないと外耳炎にかかりやすくなってしまいます。

それから、水泳後にも外耳炎を発症しやすいといわれているので、
よく泳ぐ人は注意した方がいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です