椎間板ヘルニア処方される薬

椎間板ヘルニアで飲む薬は、
ミオナール・ロルカム・ボルタレンサポ・モーラス・メトカルバモールなどです。

ミオナールには、凝り固まった筋肉をほぐしたり、
痛みを和らげる作用があります。

副作用の危険が少なく、長期間服用しても問題のない薬なので、
椎間板ヘルニア患者に広く使用されています。

ロルカムには、腫れや炎症を抑える作用があり、
椎間板ヘルニアによる痛みを緩和することができるでしょう。

でも、胃腸への負担が大きいので、長期的な服用には向いていません。

ボルタレンサポは、座薬タイプの鎮痛剤で、
効果が早く現れるという特徴があります。

副作用はそれほど重くありませんが、
アレルギーをお持ちの方や高齢者の方には、使用されない傾向が強いです。

モーラス、もしくは、モーラステープは非ステロイド系の鎮痛消炎剤で、
湿布のように貼るタイプの薬です。

炎症や痛みを和らげることができますが、
光線過敏症やアナフィラキシー様症状などの副作用が起こる可能性があるでしょう。

メトカルバモールは、筋肉の緊張をほぐすために使用される薬で、
鎮静作用も多少持っています。

椎間板ヘルニアではこのような薬が処方されることが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です